会計事務所向けサービス

[ マイコモン ]

働き方改革・生産性向上を
実現。

詳しいデータはこちら

お問合せ件数
Webからの資料請求

お問合せ件数 Webからの資料請求


321

事務所

年間契約
事務所数

年間契約事務所数


225

事務所

導入会計事務所数
2018年8月末時点

導入会計事務所数 2017年8月末時点

1,722

事務所

導入会計事務所
システム契約継続率

導入会計事務所 システム契約継続率

96.9

教えて

会計事務所お悩み相談室

もっと相談事例を読む



所長である私がほとんど事務所にいない状況なのですが、外にいても所内のスタッフの業務状況や、顧問先から受けた相談対応状況などがスマホやタブレットでタイムリーに把握できて、すぐに指示ができる体制を作りたいと思っています。でそんな体制づくりはできますか?

できます。の各種機能(グループウェア・顧客管理・電子会議室・共有フォルダなど)を利用することで、お望みの体制づくりができます。実際にそのような体制を作られて実践されているユーザーもいらっしゃいます。ご希望であれば、詳細をご紹介いたしますのでこちらからお問合せください。

スタッフの生産性をチェックするために、顧問先別・業務別の工数を毎月集計していたが、時間がかかり過ぎてやめてしまった。

管理のために時間をかけ過ぎるのは確かに本末転倒です。しかし、生産性を高めるためには、工数の集計・分析と対策の検討が必須です。

には、日常業務の中で負担感なく工数分析データを貯めることができ、いつでも分析できる仕組みがあります。データは日常業務の中で簡単に入力できるので、後からまとめて集計するよりも正確です。貴事務所に合った仕組みづくりをお手伝いをいたします。無料体験版で実際の操作も確認できます。お問合せはこちらから。

所長である私が決算・申告などの実務で手一杯で経営者としての仕事ができていない状況です。本来はもっと事務所の長期的な方向性を考えたり、外部との接点を持ったりしたいところですが、職員も忙しく、納期のある業務(決算や申告など)を手放せない状況です。

所長先生が目先の業務に忙殺される状況を改善するために、ある程度の業務を職員に任せる体制を作ることが必要でしょう。そのためには、職員が一段階上の業務を受けられるキャパを増やさねばなりません。作業的な業務をアウトソーシングすることも選択肢に入れることができるのではないでしょうか。詳しくはこちら

※当ご相談は、日々当社にお寄せいただくご質問から特定できる情報を除き加工してご掲載しております。

もっと相談事例を読む

事務所運営について
お困りのことなど
お気軽にご相談ください

情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)

会計事務所の課題解決
クラウドサービス

  • 原価管理
  • クレーム削減
  • 顧問先満足度アップ
  • 職員レベルアップ
  • 業務効率化
  • 対応履歴の蓄積
  • 顧客ニーズの蓄積

の機能一覧を見る